騒音被害を受けた際、耐えるべきか、引っ越すべきか

アパート・マンションの騒音対策
ホーム >> 耐えるべきか引っ越すべきか

耐えるべきか引っ越すべきか

 「耐えるべきか、引っ越すべきか」

 騒音問題における究極の選択です。しかし、出来る限りの策を尽くしたのであれば、すぐに引っ越すべきです。でなければ、睡眠障害や頭痛、体調不良などを引き起こす身体的障害を持つ可能性だってありますし、それが原因で仕事や日常生活に支障をきたし、普通の生活が出来なくなることだってあります。

 しかし、引越し費用の問題があります。賃貸だった場合、ほとんどが契約期間が一年となっており、一年以内に解約を申し出ると、敷金の返金をしない、違約金の請求などが規約に記載してあります。

 一度、費用を計算し、引越しを検討してみてはいかがでしょうか?今の騒音が消え、快適な生活が送れる自分を想像してみて下さい。その価値は十分あると思いますよ。

 しかし、どうしても費用の面で引越しができない方もいらっしゃると思います。以下の記事はお読みになられましたか?できる対策がないか、もう一度ご覧になってはいかがでしょうか?


大家に相談(部屋だけ移動)
警察へ通報
騒音対策グッズ(耳栓、イヤーマフ)


スポンサードリンク