アパート・マンションが線路・踏切が近くて電車の通る音や話し声がうるさい時の対処法

アパート・マンションの騒音対策

騒音事例別の対応・対策

線路・踏切が近くて電車の通る音や話し声がうるさい!

 電車が通れば一瞬テレビの音が聞こえなくなり、駅周辺では学生達の話し声で朝もゆっくりと寝ていられなかったりと、線路や踏切、駅近くの物件に初めて住む場合、あまりのうるささに驚くでしょう。

 しかし、このような定期的な音は、初めのうちは苦痛でしょうが、そのうち慣れます。人によってそれぞれですが、私は半年ぐらいで気にならなくなりました。とはいえ、この騒音に慣れるまでは、やはり大変です。

対策1 : 防音サッシを取り付ける

 音は、窓などの隙間から進入しますので、窓際が線路方面を向いている場合、窓際に騒音対策を施すのが効果的です。例えば、「防音サッシ」。しかし賃貸の場合だと、なかなか許可が降りない、または金額面が問題になります。

 防音サッシ ⇒

 防音カーテン・吸音ブラインド ⇒

 家具の配置を変える ⇒

対策2 : 耳栓・イヤーマフを利用する

 電車の音が気になるのは、主に睡眠時だと思いますので、手軽に耳栓使ってみてはどうでしょうか?

 騒音対策グッズ(耳栓・イヤーマフ) ⇒


スポンサードリンク