アパート・マンションの隣人の話声・生活音がうるさい時の対処法

アパート・マンションの騒音対策

騒音事例別の対応・対策

隣人の話声・生活音がうるさい!

 「隣の住人が誰かと会話している声が聞こえる」「台所で食器類を洗う音が聞こえる」「携帯電話の着信音が聞こえる」といった生活騒音が聞こえてしまう場合には、建物の構造に防音性が無いのが原因です。

 建物の構造を変えることは、分譲であれ賃貸であれ、コスト面で実現不可能でしょう。できる対策は少ないですが、できる限りの対策は施しましょう。

 管理会社、大家に連絡 ⇒

対策1 :管理会社、大家に連絡

 例えば、「夜中に洗濯機を回している、騒いでいる」といったことであれば、管理会社もしくは大家に苦情を出すべきだと思います。しかし、建物の構造に問題がある物件に関しては、日中の「話し声が聞こえる、足音がうるさい」といった生活騒音は、その住人が悪いとは言えません。

 どんなに気をつけていても、壁の薄い物件は、音が響きます。十分に共同住宅でのモラルに反した騒音だと判断できた場合のみ、管理会社もしくは大家に相談するようにしましょう。

対策2 : 防音グッズを使用する

 最も効果のある対策は、「耳栓」「イヤーマフ」といった防音グッズを使用することです。防音性の低い建物の場合には、隣の住人の騒音だったり、外からの車やトラックの音などと、騒音要因が様々です。騒音範囲が広い場合には、自分の耳元で遮音してしまいましょう。

 騒音対策グッズ ⇒

対策3 : 家具の配置を変える

 大きな効果はありませんが、生活空間を騒音元から離すことでも、それなりに防音の効果は得られます。費用も掛かりませんし、ぜひお試し下さい。

 家具の配置を変える ⇒


スポンサードリンク