管理会社もしくは大家へアパート・マンションの騒音トラブルの連絡の仕方

アパート・マンションの騒音対策
ホーム >> 対応・対策 >> 管理会社、大家に連絡

騒音被害を受けたときの対応と対策

管理会社、大家に連絡

 いよいよ騒音に我慢できなくなったら、管理会社もしくは大家さんに連絡しましょう。管理会社と大家、どちらに連絡すればいいのかは物件によりますが、まずは管理会社に電話で連絡してみるのが無難です。

 例えば、「隣がうるさいんですが、どうしたらいいですか?」と言えば、管理会社で対応するか、大家に連絡するかを指示してくれます。どちらの場合でも、苦情の発信元(あなた)の身分は示さずに、騒音元の住人に手紙で警告したり、直接、電話などで注意をしてくれるのが一般的です。

 それでも改善されない場合は、もう一度、管理会社に連絡しましょう。再三の注意にも関わらず、騒音元の住人に改善が見られない場合、騒音主に対し、賃貸借契約書の「近隣に迷惑を掛けるような騒音を発しないこと」の契約違反を理由に強制退去を迫ってくれたり、敷金・礼金不要で、同じ建物内の別部屋に引越しをさせてくれるケースもあります。

 しかし、何でもかんでも苦情を言えば対処してくれるというわけではありません。よほど防音に優れたアパート・マンションとでも謳ってない限り、「集合住宅なんだから騒音は多少あって当たり前」という暗黙知がありますから、昼間の騒音なんかは、苦情を出しても「もう少し様子を見てみましょう」と促されるかもしれません。


スポンサードリンク