実際に起きた騒音トラブル「引っ越してもやまない低音の耳鳴り 」

アパート・マンションの騒音対策
ホーム >> 騒音体験談 >> 引っ越してもやまない低音の耳鳴り

実際の騒音被害の体験談

引っ越してもやまない低音の耳鳴り

 連日連夜、隣の住人が爆音で音楽を聞いたりゲームをするので、「ドンドン、ドンドン」という重低音がずーっと鳴り続け、眠れない日々が続いていました。しまいには、斜め下の住人も仕返しとばかりに「ドン!ドン!」と天井を突き、それに反応して、また隣の住人が音楽のボリュームを上げるという悪循環。

 絶えられず、とうとう引越しすることになりました。

 そして、人通りも車通りも少なく下見もしっかりして挑んだ新居。嬉しいことに、隣も下もとても静か。「今日はぐっすり寝れるぞ」と思ったその夜…。

 布団に入ると、なぜか耳元に「ドゥードゥー」という音が響きます。がっくりしながら、壁や床に耳を付けたりするも、アパートから響いてくるような感じがしない。「もしかして、外かな?」と思い、アパートの裏側に周って耳を澄ましてみると、やはり音がする。

 しかし、周りには騒音になるようなものは全くない。とりあえず、部屋に戻り布団に入ってみるが、やはり気になって眠れない。仕方なく、その日は耳栓を付けて、なんとか眠りにつきました。

 ところが、翌日の夜もまたあの音が。「うるさいなぁー」と思い、なんとなく左耳に指を突っ込んだ瞬間でした。なんと、音が消えたのです。

 試しに右耳にだけ指を突っ込んで耳を塞いでも音は消えません。「もしかして、俺の耳が異常?」そう思い、次の日、耳鼻科にいき診察を受けてきました。

 聴力の検査など色々行った結果、【低音難聴】の一種かもしれないとの事。低音難聴と言えば、低音が聞こえなく病気だと思っていたが、逆に耳鳴りがやまない事もあるのだという。原因は分からないといわれたが、おそらく前のアパートでの騒音によるストレスだろう。

 そして、処方された漢方薬を二週間飲み続けた結果、全快とはいきませんが、眠れないほどストレスにはならなくなりました。もし、今、騒音に悩まされている人がいれば、早めの引越しをおすすめします。


スポンサードリンク