アパート・マンションの騒音を発泡スチロールで防音

アパート・マンションの騒音対策
ホーム >> 騒音Q&A >> 発泡スチロールで防音

発泡スチロールで防音

 まず、発泡スチロールでは防音効果は得られません。防音には、「吸音」と「遮音」が必要で、発泡スチロールが効果を発揮するのは、「吸音」です。

 吸音とは、反響する音を抑える効果の事で、例えば、広い体育館などで床に平べったい板を落としたとすると、「パァァァーン」という音が響くと思います。その「ァァァーン」の部分を防ぐのが吸音です。つまり、発泡スチロールだけでは、反響していない大部分の音は壁を通り抜けるので、ほとんど効果がありません。

 遮音とは、壁を通り抜ける音を塞ぐ力です。遮音する力があるのは、密度の高い物質です。例えば、重くて分厚いベニヤ板などは高い遮音性を発揮します。

 隣の部屋からの騒音を防ぎたい場合などは、発泡スチロールを騒音元に向け敷き詰め、その後ろに分厚いベニヤ板などを敷けば、効果を感じることができるのではないでしょうか。ただし、壁一面に隙間なく敷き詰める必要があるので、一般的には、かなり困難な作業です。


スポンサードリンク